(静脈=) 血液→リンパ液→次は脳脊髄液!!(その1)

仙骨のお話だったんですがちょっと横道にそれます。

というか。それてはなくて。

本当はここにたどり着きたかったw

でも仙骨とも関係します。

仙骨のお話です。

仙骨から脊椎を通って蝶形骨(頭蓋骨)。

この通り道。

脳脊髄液が通っています。

人間のからだの3大体液。血液。リンパ液。

もうひとつが脳脊髄液です。

脳脊髄液は頭蓋骨と脊柱の中にあって。

リンパ液と同様、無色透明です。

この脳脊髄液が

脊髄を守るのに重要な役割を果たしています。

そして神経に栄養を送ったり。

老廃物をリンパに流したり。

脳脊髄液は。24 時間で3 ~ 4 回入れ替わって。

頭蓋骨から仙骨までを循環したあと。

最終的に

血液またはリンパ液に混ざる仕組みになっています。

【脳脊髄液とは】

脳室系とクモ膜下腔を満たす、リンパ液のように無色透明な液体である。弱アルカリ性であり、細胞成分はほとんど含まれない。略して髄液とも呼ばれる。脳室系の脈絡叢から産生される廃液であって、脳の水分含有量を緩衝したり、形を保つ役に立っている。一般には脳漿として知られる。

ーーーーーーーーーーーウィキペディアより

脳脊髄液は、脳内で産生する箇所があります。

そこから、

脳・脊髄・仙骨と循環していきます。

途中。脊髄でリンパ液に排出されるものもありますが。

脳に戻ってきたときに静脈に取り込まれます。

脊髄液は、

脳で作られてと脊髄の周りの空間を満たして

頭から仙骨まで循環しています。

一日にペットボトル1本分(約500㎖)が作られ。

2~3回に分けて入れ変わっています。

脳脊髄液。

中枢神経系の保護と栄養を運び

老廃物を排泄する役割を果たしている透明な液体。

私たちの体は。細胞でできています。

その細胞の中の老廃物が排泄され。

栄養が行き渡ると。細胞が活性化されます。

頭蓋から背骨を通ってお尻の真ん中の仙骨まで。

大事なところです。

ケアすると

頭の先から尾てい骨の先までを満たす脳脊髄液が

スムーズに循環します。

そうすると

私たちに備わっている自己治癒力(治る力)を

最大限に引き上げ、自己調整力を回復させます。

自己治癒力は、

すべての人に備わっている自分の体を治す力です。

免疫力を向上させ。

心身をより健康・健全な状態へと導きます。

私たちには傷を治す力があります。(自己治癒力)

自己治癒力が高ければ不調は早く改善します。

また。

脳脊髄液には。

実は幸福感アップの。幸せホルモン。

苦痛を和らげる効果のあるβエンドルフィン

(=幸せホルモン)

が放出されているそうです。

また。

コレシストキニンが。膵液の分泌を促し。

食欲を抑制する効果や。

ホルモンバランスを整えたり。

美容効果や。

アンチエイジング効果も期待できるんですよ。

循環させたくなってきましたよね???

次はその2 へ

楽しみにしててくださいね。

いつもありがとうございます

==========================

当サロンの公式サイトもご覧下さい。

お茶室エステ「四季ぼーて あん.そあん」

TEL : 0465-25-2415

HP : https://unsoin.com

神奈川県小田原市国府津2765-3

営業時間:10:00〜21:30

定休日:水曜日/第1・3火曜日

完全貸切予約制

===============================

いつもありがとうございます

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中